子どもがすこやかに成長する家 | 株式会社匠建設

コラム
子どもがすこやかに
成長する家

マイホームの間取りに大きく影響するのが子どもに関すること。「元気にのびのびと育って欲しい」、「勉強しやすい環境を整えてあげたい」といった親心を実際の家づくりにどう生かすとよいのか、そのヒントをご紹介します。
子どもがすこやかに成長する家

適材適所の収納を設けて
家族みんなで片付けを

家族が増えると荷物も多くなり、リビングが雑然としてしまうことも。子育て中はじっくり片付けをする時間の余裕がないのも実情です。しかし、散らかった状態が長く続くのは子どもの教育にもよくないですし、大人にとっても居心地がいいとは言えません。

まずは、リビングには子ども専用の収納スペース、水回りが集まるユーティリティーには日常品を何でも収納できる多目的なウォークスルー収納、寝室や子ども部屋がある2階にはファミリークローゼットなど、その場所に適した収納を設け、片付けやすい家にしておきましょう。そのうえで、おもちゃや絵本、勉強道具といった持ち物ごとにしまう場所を決め、子どもが自分で片付けをする環境をつくります。さらに、親自身も片付けを習慣づけその姿を見せることで、「自分のことは自分で」という自主性と、周囲への配慮や思いやりの心を育みます。

適材適所の収納を設けて家族みんなで片付けを

いつでも子どもに目が届く
対面式キッチン

家事の中でも特に時間をさくのが料理などキッチンでの作業。子どもがいる場所とキッチンを1日に何度も往復するのはかなりの負担で、家事の効率も下がります。

このような悩みを解決するのが、リビングを見渡せる対面式キッチン。料理をしながら子どもの様子を見守ることができて安心ですし、リビングにいる家族とコミュニケーションがとれるのでキッチンで孤立することもありません。子どもにとっても、食事の支度や後片付けの様子を間近で見るのはとてもよいことで、お手伝いの気持ちが芽生える、基本的な生活能力を身に付けるといった成長が期待できます。

いつでも子どもに目が届く対面式キッチン

リビングを親子の
学びの場に

リビングといえば、今やスタンダードになりつつあるリビング学習について検討している人も多いでしょう。親の存在を近くに感じる安心感と、生活音のある環境がかえって集中力を高めるという勉強スタイルです。
ダイニングテーブルを利用したり、リビングにデスクを並べたりとさまざまな方法がありますが、新築ではリビングの一角にカウンターデスクを備えた専用スペースを設ける例が多数。幼い頃は横に座って絵を書いたり、本を読んだり。成長すれば、勉強する子どもの横で親は仕事という使い方もできます。親子で机に向かうとお互いの向上心がアップするという説もあるので、ぜひ試してみてください。

リビングを親子の学びの場に

フレキシブルな間取りで
成長に合わせた空間づくり

子ども部屋は最初からつくるのではなく、成長や人数に合わせてレイアウトを変えられるようにしておくと、その時々で空間を有効に活用することができます。

例えば、子どもが小さなうちは広めのプレイルームや家族の寝室にし、ある程度の年齢になったら部屋を区切ってプライベートを確保。いずれ、夫婦水入らずの暮らしに戻ったら、仕切りを取り払ってゆったりとしたベッドルームや趣味の部屋として使うのもいいでしょう。

フレキシブルな間取りで成長に合わせた空間づくり

まとめ

子どもの成長につれて家の役割も求めるものも変化します。日々の暮らしを快適にするのはもちろんですが、10年後、20年後の家族を思い浮かべ、そのうえで変えていくもの、変えないものを話し合っておくと、最適な間取りを考える近道が見つかるかもしれません。

株式会社匠建設 | 匠スタイル